ごほうび日記  [ Perro Dogs Home 預かり日記 ]

切れるな!!




我が家でチワワを預かるのは初めてのことで、チワワの性格を少し調べてみました。

■ 好奇心旺盛で活発

■ 賢く躾やトレーニングの飲み込みが早い

■ 小さな身体の為かは不明であるが大きな犬に対して自己主張するほど自意識が強い


■ 感情の起伏が激しいタイプ

■ 吠えたり噛んだりすることもある

■ 臆病なところもあれば、勝ち気で甘えん坊なところもあり、固体性格でも違う

なるほど、リキに皆当てはまることばかり。

可愛いこの犬種は甘やかされて育てられ、散歩も少なくで済むことから社会性を身につけず、我が儘になってしまうとも書かれています。
飼い易いし、買い易い、可愛さ余って躾もそこそこで、結果飼い主がなめられ、噛まれ、そしてポイされたのではないかと十分察しが付きます。



散歩に出るのは消極的ですが、ここは少々強引に連れ出し、大きな犬とも合わせます。外では尾っぽを丸め新世界に放り出されたようにおどおどしながらも何とか付いて歩いています。
少しでも外の物音に慣れるよう、工事現場脇では振動騒音を体験、懐いている黒ラブに会えば追われ、自転車、バイクの通過にも動じないようしっかり足下に付かせ歩かせます。

問題は外での態度とは違い、家の中では物音に反応し吠え、静かにしていると思えば、何かに怯えるのか自分の物を奪われる妄想に駆られ、近くにあった物(おもちゃや布団など)に数回噛みつきます。
この被害をまともに食らったのが家内で、膝の上に乗せ静かに眠っていたのに腕を噛まれ、出血より顎の力で打撲症状のようになってしまいました。
不意に手を出したり動かせば、噛まれることもありますが、長く膝に乗せる時も注意が必要です。
甘えんぼさんですが、常に毅然と主従をはっきりさせ、何をしたら叱られるかを教え込んでいるところです。
「賢く物覚えが早い」性格らしいので、唸ること、口が出ることが悪いことと覚えでくれればと思います。



この子と接すには、甘やかせずにメリハリを付けて遊び、後は静かにさせていたほうが良いでしょう。構い過ぎは禁物。
夜間や留守番もケージで静かにじっとしていられるし、トイレも決まった場所で済ませます。

預かりに際し「取説」にも書いてあったことで、噛まれるような場面を作らない事が肝要かと。






 
2013年06月10日(月) No.15

No. PASS