ごほうび日記  [ Perro Dogs Home 預かり日記 ]

最近のコウノスケ


さてさて、何時もながらに日記の更新をさぼってしまいました。

誰にでも人懐っこいコウノスケ、ご近所でも噂のコウノスケと言われているようです。(何が噂のかわかりませんが。)

先住犬ともども寝床は私のベットで、先住犬は足元に、コウノスケはというと今日の朝は枕を使って、真横にしかも布団まで掛けて寝ておりました。
まるで子供と一緒に寝ているようです。そしてこちらが起きるまでそのまま静かに寝ています。今日はコウノスケを起こしました。
(いったい何者か)
ソフアーで横になればお腹に乗ってきて、ウトウトとすれば一緒になってお腹の上で寝ています。これ、結構重いです。

先住犬とは仲が良いのか悪いのか一つのボールをめぐり取り合っています。
どちらも隙あらば奪い返し、吼えあっています。これって遊んでいるのか本人同士は真剣なのかはわかりませんが、勝手にやらしています。
どうやら他人のものはよく見えるらしい。

それにしてもコウノスケはボールがお気に入りで、散歩の途中テニスコート近くの駐車場に落ちていたボールをパックって家まで咥えて帰りました。
然し、野球のボールは重かったのか同じように散歩の途中で咥え、歩き出したところ途中で放棄。どうやらテニスボールがお好みのようです。


「何か御用?」(コウノスケ)
「何時もそこで寝てたら」
「ここは仮眠場所、寝床はベット」(コウノスケ)
「そう」




2008年10月30日(木) No.9

無題


おいらは優等生?


毎日のんびりと過ごし、本人(犬)は満足しているのか、狭い我が家では常時フリーでお過ごしいただいております。
悪戯することも無く、トイレも散歩まで我慢してるし、留守番も先住犬と静かにしているようで、サークルは片付けてしまいました。
食い気は旺盛ですのでそれだけはガード。それ以外は噛み壊されるようなことは今日に至るまで皆無。
何と優等生なコウノスケ君でしょう。

「どこかの姉ワンとは違うぜ」(コウノスケ)
「その事は内緒だろ」


「早く行こう」と待っているコウノスケ。
フラッシュの陰がクッキリ。

案外小柄に見えるコウノスケですが、コーギーは限界知らずの食べっぷりらしく、大柄な奴は大方おデブちゃんらしい。
お腹が出っ張れば機敏さも無くなり、シャコタン狐になってしまいます。
現在の体重は10堋度とこれまた優等生。

「あんたと違うぜ」(コウノスケ)
「ほっとけっっっっ」


散歩は何時も先住犬と一緒。
「秋はいいね」(コウノスケ)




2008年10月15日(水) No.7

どこでもアイドル


人懐っこいコウノスケ君。誰にでも寄り添い、可愛がられています。
人混みの中でも臆することなく静かにしていられます。


可愛がられて、ご機嫌なコウノスケ君

先日、やたらと広い公園に出掛け駐車場(一番端)から1時間半ほど歩いてドッグランに到着。こちらは疲れましたが、ワンコ達はそんなことはなんのその。ドッグランでは走り廻っていました。
ボールを投げてやれば持って来るし、もう少し練習すればキャッチも出来そう。


高いところもルンルン気分


下り坂も「どう、上手いだろ」

アジリティの器具で遊んだことがあるのか、慣れたものでした。
練習すれば大会参加も夢ではないかな?

2008年10月09日(木) No.6