ごほうび日記  [ Perro Dogs Home 預かり日記 ]

陽気なほく斗


先住犬ジョンをトリーミングのため預かってもらっている間にほく斗をいつものドッグ・ランで遊ばせました。
しかし平日の昼間は誰も遊び相手がいません。暫くは走っていますが相手がいなければすぐに飽きてしまいます。


「走るの楽し〜い」

そこで、仮ママにおやつを持たせ一緒に走ってもらいましが・・・


「ねえ、何持ってるの。それ、おやつ?」


「早くちょうだい。くれないと背脂囓っちゃうぞ!」

と、食いしん坊のほく斗です。
でもちゃんと待つことも出来ます。


「そっ、そこんとこ、強調してくれないと!!だから早く食わせろ!!」

その後、先住犬のお迎えに一緒に行き、獣医師さんトリマーさん達に「これが噂の子か、可愛い顔してるね。」と煽てられ、ついでに診察台に上がって体重測定をしてもらい 15.15圈,箸泙西し痩せていると獣医師さんにはササッと触診までしてもらいました。

「僕のお迎えじゃなかっの?」(ジョン)


2009年04月26日(日) No.29

お父ちゃんではないよ。


手が掛かる内は可愛い?


人もワンコも子供の時は手が掛かるものです。でも子供は何時までも親と歩かず、気が付けば勝手に行動しています。その点ワンコ達はいつでも傍にいますので可愛く思えるのでしょう。っま成長した子供も可愛いものですが。

子犬の頃はコロコロしていて動く縫いぐるみようで何にでも興味津々。じゃれたり、転がったり、囓ったりと忙しく動いていたかと思えば、パタッと寝ています。いつの間にか歯が抜け替わり成犬の体格になるのです。
ほく斗といえば、いつまでも「何ヶ月ですか?」と聞かれるほど成犬前のラブにみられます。甘ったれで甘噛みをするし、じゃれるの大好きな奴でして、頭の中身もおコチャマのようです。
ラブを飼っている奥様は、「はちゃめちゃなところが何とも可愛く思う」と話されていましたが、確かに手が掛かる時が可愛く思うものかも知れません。

「大変だ!オイラより若いコロコロした奴が115・116に載っているよ。」(ほく斗)
「それが」
「それがじゃないよ。オイラが見劣りしてしまうでしょうが。写真頼むよ。可愛い奴。」(ほく斗)

「じゃあ、こんなのは。」

「なんじゃこれ!フレーム付ければいいんかよ。」(ほく斗)
「これは。」

「だからさ、ネタ切れ的な写真はだめだってば!」(ほく斗)
「ふう〜ん、じゃっ、これは。」

「梅の次は桜か?もういいっ!!」(ほく斗)
2009年04月05日(日) No.27