ごほうび日記  [ Perro Dogs Home 預かり日記 ]

預かり後記


ほく斗を新しい家族に迎え入れていただきありがとうございました。
まだまだ若いので、ハッチャキなところもありますが、とんでもない悪戯や悪さをすることは無く、いつも人の傍にいる可愛い奴です。

預かり当初は、ガリガリに痩せお腹の調子も悪く心配でしたが、そんなことより構って、遊んでを望むように元気にはしゃいでいた様子は今でも思い出します。
食い気はラブ特有なのか、その食べっぷりには驚かされました。預かるワンコ達の食べっぷりは皆すごいのですが、スピードとまだ物足りないような仕草にはオマケを与えてしまいそうでした。ここは心を鬼にして我慢させないと、いくら痩せ気味とはいえメタボ犬になってしまいます。
現在の体重は17堋度でしょうが、大きさからいえば20圓限界かと思います。

物覚えの良い子だと思いますので、これから色々と教えながら、生涯可愛がってください。

預かりとしては、新しい飼い主さんの元で幸せに暮らせるようになったことが嬉しく思います。

改めて、この場をお借りし感謝の意を表します。


トライアル出発前のほく斗です。


正装しているかのよう。


「お世話になりました。」(ほく斗)


「何もお礼はできませんが、せめて歯型でも。」(ほく斗)
「それは、いいよ。良い子でな。」


2009年06月19日(金) No.36

最新版


「ほく斗、最新版の写真をアップするよ。」

「そうそう、ボツはもういいし、やっぱ過去を振り返らず、前向きがいいね。」(ほく斗)

「なんか、説得力があるね。」

で、まずはこんなポーズから。


「ムム、やな感じだな。」(ほく斗)

次は、これ。


「草食べる前か?」(ほく斗)

それから、取って置きのポーズ


「なんて顔撮ってんだ。」(ほく斗)
「最近、ブサカワイイってのが流行りみたいだよ。」
「こんな写真はゴミ箱にポイしてくれ。」(ほく斗)

最後はこれ。


「これじゃジョン君に擦り寄っているように思われるよ。特にその気はないのに・・・」(ほく斗)
「ほく斗よ。顔、近いよ。」(ジョン)

「最新版に期待して、損したみたい。」(ほく斗)


2009年06月17日(水) No.35

ボツ写真(2)組写真風


久しぶりの好天気


梅雨間近なのでしょうか、雨の日が続きほく斗も雨の中の散歩には飽き飽きしている様子。
それはどちらかと言えば、こちらが鬱陶しく思っているだけかも。
ほく斗は雨が降ろうが、そんな事には関心がなく、外に行ければご機嫌です。

先日の日曜日は好天に恵まれ、久しぶりに散歩を兼ねてドッグ・ランに連れて行きました。
車のキーを持てば連れてってくれるもとはしゃぎ回り、車に飛び乗ります。
日曜日でもあり、午前中とはいえ友達も多く遊びに来ています。

公園内ドッグ・ランのお世話をしているボランティアさん方々にもお会いでき、朝から近所の清掃などを行ったとの事でした。ほんとにありがたい事です。
このドッグ・ランには水飲み場の設置が無く、水を持参しなければなりませんが、ボランティアさん達が氷水を振る舞ってくれて、ほく斗もご相伴にあずかり、走る・飲む・走る・友達を誘う・走る・飲むの繰り返しで、楽しそうにしていた一時です。

預かりワンコの場合、性格や性質など当初は行動等を観察をしながら見極める事が必要で、引き出される時にある程度知らされますが、それは注意深く様子を見ていき、行動等は日記でお伝えしているとおりです。
ドッグ・ランに連れて行けるのもフレンドリーにしていられるからです。幸いにして預かったワンコ達は皆ドッグ・ラン合格でした。
日記が日記でなく徐々に月報的になるのは、サボっているのが半分とネタ切れが半分で、特記すべきことが見あたらないのは、ある意味問題の無い良い子になったと思ってください。

「それって、サボっている言い訳か。」(ほく斗)
「そう言うなよ。」

先日のドック・ランでのご様子はこんなんです。





もう楽しくて、楽しくてルンルン気分です。



体格もほく斗より遙かに大きなバーニーズに、何とか相手をしてもらおうと誘っていましたが、ほく斗の執拗な誘いにも動ぜず、振られてしまったほく斗です。



オマケ
2009年06月09日(火) No.33