ごほうび日記  [ Perro Dogs Home 預かり日記 ]

除夜の鐘


大掃除片付けは疲れるもので、年末のゴミ回収が終了していることを理由に、先延ばし(昨年も同様だったか)に取り敢えず完了。

年越しに預かり犬がいたのは初めてであるが、特に変わったことではなく何時ものように朝の散歩に出掛けた。
何時もの道すがらガードレールがある歩道で、向こうからコーギーがご主人に連れられ鉢合わせになった。逃げ道はなく退くか、すれ違うしかない状況で、しかもそのコーギーは身構えていた。
「ごん」は喧嘩を売る奴ではないので、「大人しいから大丈夫ですよ。」とご主人にすれ違いを勧めた。その声に反応したのか身構えていたコーギーは「ごん」に愛想良く挨拶をし、その様子にご主人はほっとしていた。
聞けば3歳の男の子で、挨拶させてくれる友達が少なく即、臨戦状態突入になるらしい。
きっと普段は気質を知っている奥様が散歩に連れて歩いているのか、挨拶を避けていたようで初めて会ったように思えたかも知れない。
コーギー同士、コーギーVS柴は相性が悪いのか、仲良くできない傾向にある。
「ごん」から嗾けたりすることはないが、今日のように執拗におしりを嗅がれると唸り声とも言えない情けない声をあげる。それでも一生懸命我慢をしているようだった。



物覚えの良い「ごん」はオスワリ・オテ・オカワリ・フセ・マテは学習し、交差点でのマテは合格点である。マーキングはするものの注意を促せば、してはならない場所を避けられるのは散歩も楽なものである。
一緒にのんびり暮らすには最適な「ごん」である。

今年一年、「ごほうび日記」をご覧になった皆様方に御礼申しあげます。
預かり犬の様子をなるべく正確にお伝えするよう心がけておりますが、文章能力の無さを写真とジョークで補っており、お読み苦しかったことご容赦ください。
来年も引き続きご高覧頂きますようお願い申しあげます。

「ところでタイトルにどう繋がるのよ?」(ごん)

(除夜の鐘はご〜んって鳴るだろう。)

「あっちゃあ〜、その親爺ギャグはやめれ!!寒」(ごん)



「みんな、良いとお年を迎えてごん。」
2009年12月31日(木) No.49

年末


毎年、年末なんて普段と同じだと自分に言い聞かせているが、年賀状書きや大掃除が始まると平常ではいられなくなる。年賀状は別にしても掃除にいたっては、普段サボっていることがこの時期忙しくさせている要因でもある。
一年の締めくくりと思ってがんばるか。

「日記もサボらず書けや。」(ごん)



年末に関係なく寛いでいる「ごん」

活発に駆けずり廻ることもなく、悪戯遊びも皆無。トイレも覚えて優等生。
食欲だけは大ありで、食っちゃ寝を繰り返していたら散歩で見かけるコーギーの体型(大方おデブ)になるのは必至。こちらも普通に見かける親爺体型に気をつけねば、ってもう遅いか。「ごん」は11圓鬚舛腓辰髪曚┐燭、体型は維持している。




お気に入りは散歩だけか。



2009年12月30日(水) No.48

僕にも言わせて。


僕、先住犬のミニチュア・プードルやってる「ジョン」です。
時々日記に登場しているから皆知ってるよね。



僕がこの家に来てからもう二年半過ぎたけど、いつもとおちゃんはどこからか友達を連れてきて一緒に過ごすんだ。でも暫くするといなくなるんだよ。
どうやらとうちゃんは飼い主さんとお別れした友達を新しい飼い主さんが見つかるまで預かっているらしい。
僕も一度はお別れしても、今は幸せに暮らしているんだから、とうちゃんと一緒にがんばらなくてはって思っているんだ。

大きい奴や、部屋中駆けずり回る奴、僕に遊びを誘う奴などいろいろだけど、それにしても沢山いるんだね。
いつもは野郎ばっかでしかも僕より大きいのがほとんどだけど、先住犬の威信をかけて一喝すると、大きい奴でも面白いようにシュンとなるんだあ、これが。やっぱり僕が一番なんだよって教えてあげるんだ。
でも、この前珍しく可愛い女の子がちょっとだけ泊まりに来た時、いつものように一喝したら全然怯まず逆切れされてしっまんだ。二頭も続けて来たんだけど、どちらにもなめられて、おまけに耳まで囓られたんだ。ったく何考えてんだか、どうも女子は我が儘で身勝手な気がするんだな。仁義ってことを知らないのか!!
っま、身の程知らずってことで勘弁してやるか。

それに引き替え今いる「ごん」なんか、大人しくって僕もお気に入りさ。
ちょっかいは出してこないし、ご飯も横取りされないし、なんて良い奴なんだ。
でも、僕が吠えると一緒になって大きな声で吠えるんだよ。物音には敏感らしく、ちょっとした音でも動き出すんだよ。僕なんてどんな音か判るからね、静かなものさ。
僕以上に甘えんぼうさんで、何時でもとうちゃん、かあちゃんにべったりだ。
かあちゃんはどうでも、とうちゃんの横取りは許せないな。
まあ、新しいとうちゃん、かあちゃんが見つかることを祈っているよ。
それまでゆっくりしてていいよ。



後ろから見ると奈良公園の鹿みたい。(足は短いけど・・・)



「誰が鹿だって。鹿煎餅食ったことないよ。こんど食わせろ!!」
(娘は修学旅行で食ったようだ。)
2009年12月12日(土) No.47

「ちょっと聞いてよ」(ごん)


「俺、何時ものように寝る前散歩に連れて行ってもらったんだ。
雨の降る夜っだたかなあ、空き地でシッコしてたら後ろから俺と同じ奴が近づいてきて、言い寄られてしまったんだ。
暗くて判らなかったけど、とーちゃんは知っていてご近所のマダムコーギーらしい。
俺より大きいし、何か執拗に迫られてしまったんだよ。俺は興味無いのになあ。言い寄られても困るんだが・・・」(ごん)

トイレはしっかり足を上げてシートにするようになったが、寝る前に近所を一周りしトイレを済ます。粗相をしなくなったので、ごんの命名者からはお褒めの言葉を頂いている。
ある夜ご近所のコーギーに会った時、そのコーギーは年に兄弟が集まる場でも仲良くしている訳ではなく、戦闘態勢に入ることがあり、何の集まりか判らなくなると話していた。またコーギーの気質を教授されたが、その飼い主さん曰く、ごんに近づき気に入った様子を見て、「こんなに気に入ってしまったんだろうかしら?」と不思議がっていた。

ごんにとってはマダムには興味ないし、シッコしたいのに迷惑なことだった。
その飼い主さんはもう一頭コーギーをと思っていたらしく、この子となら仲良くしてくれそうだと話していたが、「ごん」はどう思ったか聞いて見たい。
「マダムは勘弁だぜ」と言うかも。

ワンコより人の傍が大好きなごんです。





本文とは全く関係のない写真ですみません。
長距離ドライブでも大人しくしています。
但し助手席に乗せることはやめましょう。事故の元です。



2009年12月06日(日) No.46