中継地点 ~Dogs Spot~  [ Perro Dogs Home 預かり日記 ]

写真だけ(5月中旬頃のワイルド編)


抜糸後(5月中頃)に撮った写真です。



↑ おもちゃ投げる→追いかける→くわえる→戻ってくる→脇を通り過ぎる。



↑ ピヨ〜〜ンと飛び上がるジャンプ力。
  「待て」を無視して手に持つおもちゃを奪い取れる程、身軽で俊敏。



↑ ものすごい形相でくんずほぐれずでありながらも、無言で楽しく遊び中。
  このようなプロレス遊びに乗ってくれるコに出会えると大喜び。
  遊んでいるだけなのだが、知らない人が見たら喧嘩してると勘違いされるかも。
 


↑  思いきり走ったり、ワンワンプロレスできると大満足でこの表情。
  舌の右奥の端に小さなアザ(舌斑)があります。

2015年05月30日(據 No.54

写真だけ(4月末頃のおすまし編)


避妊手術の前(4月末頃)に撮った写真です。


↑ 伏せが得意。



↑ ピンとたった大きな耳なだけあって聴覚良好。



↑ 口角が上がっており、常にご機嫌風。



↑ 説明するまでもなく、向かって一番左。
2015年05月23日(據 No.53

エリカラ生活


生後5ヶ月半の5月上旬。
やんばるは、避妊手術を無事に終えました。

退院してきた当日は、なるべくケージの中で過ごさせるようにしましたが、
翌日からは、おさんぽ以外は通常通りに過ごさせました。


普段からケージの中でもくつろいで静かに過ごせます↓




犬によって、エリザベスカラー(エリカラ)への反応は様々ですが、
やんばるの場合はというと、いたって普通に過ごしていました。
落ち込むことも、気にすることもない感じ。
どこかにぶつけると「あれ?」って感じで
不思議そうに立ち止まったりはしていましたが、静かに受け入れてる感じ。
ただ、痒いところ(頭部)に足が届かないのがもどかしそうな印象でした。

このことからもお分かりの通り、
順応性が高く、多少のことは気にしない素敵な性質の持ち主です。


模様付きエリカラの効果か、普段より多めに陽気感が漂っております↓




お散歩に出るようになって、最初のうちこそ散歩時もエリカラをつけて出ていましたが、
散歩中はエリカラを外しても、傷口を一切気にせずに歩いていたので
エリカラを外して普通の散歩に出られました。
それどころか、数日間の運動不足を解消しようと、
いつものように石垣に飛び乗ろうとしたり、爆走しようとする始末。
さすがに抜糸が済むまで、過度な動きは控えさせましたが、
それ以外は、いつも通りの感じで散歩を楽しんでいました。


行き倒れているようにみえますが、気持ち良く庭で日光浴中↓




家の中では念のためにエリカラは常時つけるようにしていました。
処方してもらった抗生物質のお薬は、ご飯に混ぜるとペロリと毎回平らげました。

手術から10日経過して、恐る恐る慎重に抜糸しましたが傷口も綺麗にくっついていました。
(抜糸は出来そうなら自宅で、難しいようなら動物病院でとのことでしたので、
自宅でトライしたところ、スムーズに済みました。)

術後の経過も過ごし方も順調この上なしで
エリカラを完全に卒業できたやんばるは、
痒いところに足が届くようになりました。


この時の体重。※9.9kgではなく、6.6kgです↓







2015年05月17日(?) No.51

山登り


一人遊びも楽しめるタイプ


毎日、長い尻尾をフリフリしながら明るく陽気に楽しそうに生きてます。

怖がるものも少なく、割とポジティブに受け入れてます。

お散歩は好き過ぎて、引っ張り癖と拾い食いが気になります。

車酔いとは無縁で、車移動も全く問題なしです。

生き生きとして野性的で活動的ではありますが、

吠えることは滅多になく、人に好かれるツボを押さえていような気がします。

行動や仕草がとても可愛らしく愛嬌も抜群です。

写真でみるより、実物の方がいいね!ともよく言われます。

動く姿をご覧いただけるよう、動画を貼ってみました。

撮影したのは4月中頃です。




とにかく、今は何でも楽しいお年頃のようです。




2015年05月01日(?) No.50