中継地点 ~Dogs Spot~  [ Perro Dogs Home 預かり日記 ]

お手入れとお散歩


お手入れ

お散歩後の足拭き&体拭き・・・お散歩の後毎回。
歯磨き・・・一日おき
耳掃除・・・時々
爪切り・・・時々
ブラッシング・・・時々
肛門腺絞り・・・週1くらいのペース
シャンプー・・・時々

抜け毛は割と少ない方の部類に入ると思いますが、
寝ていた場所には、細くて短い細かい毛がついています。





お散歩 

運動好きで、体力があるので毎日運動させる必要があります。
お散歩はご飯タイムと同じくらい楽しみにしています。

アスファルトの道だと、比較的落ち着いていますが
土の所を歩かせると、スイッチが入ったかのように喜んで
テンション上げ上げで、エンジン全開で爆走したりします。
オモチャ好きでもあるので、ロングリードをつけてボール投げをして
遊んだりすると喜びます。





暇になると、その辺に落ちているもの(草や棒など)を口にすることが
しょっちゅうだったので気付く度に毎回叱っていたら、
頻度は減りましたがゼロではありません。
今は「こら!」と言うと、やばっという感じで、
口から、ボトッと出すようにはなりましたが。

散歩中「鳥」を見ると、狩猟本能を刺激されるのか
ハンターのように狙いを定めて、抜き足差し足で
近寄ってからダッシュして捕まえようと狙います。





散歩中に構ってくれる犬や人がいると友好的に接しています。
やんばるの犬への挨拶は、積極的でどの犬とも挨拶したがり、
挨拶が済むと遊ぼうと誘い始めます。
その段階で、相手の犬に拒否されることが多いのですが、
遊び方が好きなコとは気が合います。
人には最初からすぐに受け入れてもらえる事がほとんどで、
尻尾を振って寄って行ったり、自ら転がってお腹を見せて
撫でられたりもするので、かなりの好印象を持たれることが多いです。



2015年04月25日(據 No.49

忍者女子には油断大敵


普段から足音が余りしないので、振り返るとそこにいた!
ということが良くあります。
また身軽で、体がとても柔らかいので細い隙間にも器用に入れてしまいます。
生まれ持った虎柄の毛色は見事に保護色となり、周囲に溶け込みます。
素早く穴を掘ったり高い所に軽々飛び乗りったり、柵もヒョイと飛び越えます。
色んな面で、身体能力の高さはまさに忍者女子です。
アジリティーとかドッグダンスなどのドッグスポーツ系に、この身体能力の高さは
うってつけですが、脱走や逸走の予防には十分過ぎる程気をつけた方が良いタイプです。


体色変化させたのかと見紛う程の保護色。隠れ身の術。


また、噛みちぎり名人&穴堀名人&虫取り名人でもあり、
トイプードル君(生後11ヶ月)のお宅にショートステイを
お願いした際には、芝生のお庭で穴堀に精を出していたようです。


2頭は仲良し。


地中にいる虫の匂いを感知するほど、鋭い嗅覚を持っており、
掘り始めたらあっという間に15cmの深さを堀って、
地中に眠っていた幼虫を何匹か見つけたという報告を頂きました。
熱心に穴を掘りながらも、飛んでる虫をパクリと捕まえる事もあったそうです。
穴堀自体が大好きなのは、琉球犬の説明にも「穴堀名人」と書いてあったので
DNAの影響なのかなと。大体、性格面においても犬種の特徴に
ほぼ当てはまっているような印象です。
散歩中、鳥を見ると狙いを定めて追いかけようとする事もあります。

やんばるショートステイ中、トイプードル君のお宅では、
脱走防止の為に庭に出す時は常にリードを繋いで出すなど気をつけて下さったようです。
ひなたぼっこが好きで、庭にお気に入りのアキレスを持ち出し
芝生の上でゴロゴロしながら齧ったりしていたそうです。

トイプードル君の飼い主さんが、やんばるを広い公園に連れて行って、
コットン性の小型犬用のロングリードに繋いで遊ばせていた際に、
人と話しをしていると、ほんの短時間の間にやんばるがコットンリードを
噛みちぎる寸前になっていたという報告も受けました。
待たせたりつまらない時に、リードを齧ることがあります。
リードに限らず、布系を噛みちぎるスピードは本当に早いので要注意です。


アキレス系の固いものを齧るのが大好き。でも家具の破壊はゼロ。


うちの庭は、全面砂利敷きなのと雑草予防シートを敷いてあるので、
穴堀は禁止しています。(穴掘り&何かを拾って口に入れる度に
注意してたら、だんだんとしなくなりました。)
庭に出すと周囲の音を聞いたり、匂いを嗅いでチェックしたりひなたぼっこします。
全方位高い柵で囲われているのと、くぐり抜けられそうな可能性のある
隙間全部に対策してあるので、脱走の危険が少ないことから
うちでは庭に出す時はリードは付けていませんが、
庭に出す時は、目を離さないように気をつけています。
動きも静かであまり物音をさせないし、滅多にに吠えもしないので、
気付いたら居なかった。ということになりそうな予感大なので。
色んな意味で、忍者要素の強いやんばるです。





2015年04月10日(?) No.48

子供が苦手な成犬にしない為に


生後半年くらいまでの子犬の時期に、接したり馴染んだりしなかったものには
警戒心を抱きやすいので、小さな子供達に対して苦手意識を持たない予防の為、
幼稚園くらいのお子さんのいるご家族にお願いして、やんばると遊んでもらいました。




やんばるは子供達と接していても、至って普段通り感じで馴染んでました。
普段、中型・大型の犬と暮らす犬大好きなお子さん達だったので
やんばるの登場を怖がるどころか大歓迎してくれました。




子供達みんな警戒心を抱かせたり、変に刺激するような行動をせず、
逆に好きだからと興奮しておもちゃのように好き放題に扱うこともなく、
みんなやさしく楽しく上手に可愛がって遊んでくれました。
犬との適切な接し方を子供達に教えるのは、側にいる大人の役目なので
親御さんの指導の賜物です。ありがたや。





犬との接し方を心得た子供達と交流させてもらえて良かったです♪
こういう子供達がどんどん増えてくれるといいな・・・。
ご協力に感謝!!





2015年04月03日(?) No.47