中継地点 ~Dogs Spot~  [ Perro Dogs Home 預かり日記 ]

サラちゃん再訪問


サラちゃんの移動から1週間弱。

日中は暑過ぎて外にも出られず、暇を持て余す
やんばるのエネルギー発散の目的も兼ねて、
サラちゃんを励ます為にやんばると一緒に
サラちゃんの預かりさん宅へ遊びに行きました。
サラちゃんも、同じく日中は暇を持て余していたようで、
会うなり息つく間もなく、プロレスをおっ始めるワイルド姉妹。
プロレス中の写真を撮っても、ブレて残像が写るだけなので、
ひと段落ついた所でのツーショット。




移動後の様子を聞いたりしていると、サラちゃんは室内の
トイレシーツの所または、その付近で排泄が出来るようになったそうです!
やんばるは、排泄は完全に屋外派です。庭か散歩時に済ませます。
庭で遊ぶやんばるとサラちゃんと先住犬のトイプー君(1才)。




窓のシャッターを閉める音などもサラちゃんは苦手そうでしたが、
預かりさん宅で過ごすうちに慣れてきたようです。
預かりさん宅のご主人にもとても懐いているようで、
ご主人が2階から降りてくると嬉しそうに耳をペッタンコにして
ご挨拶していました。やんばるも尻尾ふりふりでご挨拶。




一緒にいる間、ずっと取っ組み合って遊び続けていた2頭。
走り回ったり、上になったり下になったり、飛んだり跳ねたり、
お水を飲む時も並んでガブガブ飲んだり。
トイプー君もその勢いに引きながらも、時々空きを見て参戦し
がんばっていましたが、うっかり油断してよそ見していると、
姉妹のどちらかに、ぶつかられて悲鳴をあげていました。
トイプー君は3kgなので、姉妹との体格差がちょっと大きいのです。

楽しい再会の時間はあっという間に過ぎ、お別れの時間。
サラちゃんは、また別れ際に悲痛な声で鳴いていましたが、
また遊びに来るからね!と約束して、お家を後にしました。

帰宅後、ご飯を食べてぐっすり爆睡のやんばる。
一方、サラちゃんは一寝入りしたものの、すぐ起きていたようです。
環境に慣れて、元気そうに過ごしている様子が見られて安心しました。



2015年08月10日(?) No.62

やんばる単独ライフ


退屈そうな顔で日課の日向ぼっこをするやんばる。




サラちゃんが移動した翌日に、室内ドッグランに遊びに行きました。
室内ドッグランの利用は2回目だったのですが、
当日、電話での利用確認が必要だったらしく、
現地に行ってから、この日は利用できないことが判明。
知人の方と待ち合わせてドッグランで遊んでもらう予定だったのですが、
仕方がないので、予定変更し一緒にドッグカフェでお茶した後、
公園をお散歩することにしました。




外は暑かったけど、木陰もあってやんばるは元気いっぱい。
力強くぐいぐい引っ張りながら、張り切って公園内を歩いていました。
途中で保冷剤を首に巻いた柴犬君に会い、やんばるは
いつも通り遊ぼうと張り切って誘っていましたが、
柴犬君には断られたので、柴犬君の飼い主さんに撫でてもらってご挨拶。
人懐っこいのね〜!と驚いてました。
一緒にお散歩してくれた知人の方には、良いコだねと褒めてもらいました。
美味しそうなオヤツまで頂き、別れ際に抱っこしてもらってご満悦。




やんばるのご飯ですが、うちに来た時からコレを与えています。
http://www.finepets.jp/dog/index.php
一回70gを、朝夜2回。(1日 計140g)
体重は8.3kgになりました。





2015年08月06日(據 No.61

サラちゃんの移動




2週間と数日を経て、8月頭にサラちゃんは予定通りに
次の一時預かりさんのお宅へと移動になりました。

やんばるは、こちらの預かりさん宅にこれまで何度もお邪魔していて、
第二のお家みたいな感覚になっているようで、先住犬のトイプー君とも仲良し。
慣れたそぶりで、お宅にお邪魔して再会を喜んでいる姿をみて
サラちゃんも、ご家族にご機嫌に挨拶したり、
お宅探検させてもらったりして楽しそうにしていました。


↑ 「初めまして。こんにちは〜!」と、ご家族に挨拶中。


うちにいる時同様に、2頭でドタバタワンワンプロレス&追いかけっこの
大運動会も繰り広げ、その勢いに引いている先住犬のトイプードル君は、
リビングのテーブルの下から様子を伺っていました。
引き継ぎ情報として、気になる点(特にお散歩のこと)や、
与えていたフードの事など必要そうな情報をお話しして、
やんばると似ている点とか違う点とかも色々お話しました。


↑ 先住トイプー君ともご挨拶。 後ろで黒くぼやけているのは、
自分の家のように寛ぎ一人遊びに夢中のやんばる。


いよいよお別れの時間となり、やんばると共に玄関へ向かい
出て行こうとすると、サラちゃんが悲痛な声で鳴きだし
「どうして私を置いて行くの?!」とでも言ってるようで、
非常に心苦しくなりましたが、あっさりといつもどおりの感じで
さよならしました。
お別れのあと、その日はクレートに篭ったまま出てこなかったというサラちゃん・・・。
その心中を思うととても切なく、心苦しい気持ちになりましたが、
きっちりしっかりサポートしてくれる心強い預かりさんファミリーなので、
安心してバトンを渡すことができました。

度々の試練に耐えた分、将来は幸せな家族との出会いが
待っているに違いないから、今はがんばるんだよと
サラちゃんに、心の中でエールを送りました。
すぐまたやんばると一緒に遊びに来るからねとも。
サラちゃんがいなくなった家に戻ると、
やんばるはサラちゃんが寝る時に使っていたゲージに入って、
これまでの睡眠不足を補うかのように、爆睡していました


↑ 呼ぶとむくりと起きたものの、眠すぎて目が開けられず怖い顔に・・・。


翌日から、サラちゃん不在となり遊ぶ相手がいないので
庭に出てコオロギを追いかけて一人遊びをするやんばるでした。


2015年08月03日(?) No.60