晴耕雨DOGな生活  [ Perro Dogs Home 預かり日記 ] 

ちょこるとわん友


相変わらず「初めまして」と「ひさしぶり」の挨拶は
苦手のちょこる。←本犬無自覚?!

数回会って仲良く挨拶できるようになった今でも
会ったばかりの時は2〜3回位吠える。
ちょこるは「また会ったね!元気!!?」や
「ボクちょこる!!初めまして・・・かな!?」って感じかも。

わん友ままにも「相変わらず最初は吠えるのねぇ〜〜」と
笑われる始末・・・。

でも最近、少し”コツ”というか”順序”をふまえると、
「今日はこのままサラッとさよならした方がいいな」とか
「今日はこのまま井戸端わん会議に参加OKそう」とか
「なぜかこのコはいつでもOK」とか
なんとなく判断できるようになって、余計な吠えをさせずに
ちょこるなりの”理想の散歩”が楽しめる。

基本、ちょこるは先に吠えられない限り、積極的に挨拶しようとする。
超・前向き積極的なちょこる・・・・・

「最初、少し吠えちゃうんですけど挨拶いいですか?」と近寄って
「わんわん」した後、先に飼い主さんに挨拶させてみる。
(もちろん「わんわん」しない時もある。)

この時、大人しく飼い主さんに挨拶を成功させると、
そのわんこサンとも仲良くできる確率が高い。

先に「ウチのコ吠えるので、ごめんね。」と言われることもあるので
その時はすばやく撤収!!
「撤収成功したらオヤツあるよ〜」とオヤツ入れをならして
すたすた歩く。静かにすれ違えたらご褒美をあげる。

挨拶させてもらったわんこサンがノリノリになってきて
遊びを誘ってくると、怖くなって吠えに転じることがある。
遊べないわけではないが、遊ぶほど安心しきれないのかも。



大きい公園で会うわんこ達には上手に挨拶できるので
なかなか仲良くなれなかった親戚のわんこ君とも公園遊びから
仲良しになった。



ちょこるにはちょこるの”犬としてのTPOルールブック”が
あるのだ。
きっと・・・たぶん・・・・・。
仮ままにはまだまだ読解力がたりないようだ。とほり。

2014年07月13日(日) No.52

ちょこるとおふろ


梅雨の合間にお散歩に行くと
路面がぬれていて、ちょこるが泥だらけに・・・!

体高が低いうえに、おしっぽが地面を掃き掃除するので
可愛い羽根ペンのようなフサフサしっぽがでろでろになる。

さぁ!!ちょこるよ、丸洗いだ!!

浴槽に少し湯を張り、ちょこるを入れる。

おしっぽの先からシャワーで流して、シャンプーする。
同じ香りの飼い主用があったら購入したいくらい良い香りの
仮ままお気に入り。
ちょこるはシャワーやシャンプーすることはほぼ嫌がらないので
楽勝だ。

軽くトリートメントして、し〜〜〜っかりタオルドライして終了。
足の付け根等、少しドライヤーする程度。
ちょこるも仮ままも熱風に耐えられず、「もう夏だからいーね!!」

ちょこるが良い香りなので寝ているのを失礼して”逆くんくん”させて
もらった。
何だか冷たい視線を感じたが無視した。
いつも仮ままに体の一部をくっつけて寝るのに何度もシツコク
”逆くんくん”されるので50センチ位離れて寝ている。

思いっきり離れないところがちょこるの可愛さのひとつだ。

2014年07月08日(火) No.51

ちょこると姪 


どこに保存したか忘れてしまい、姪が季節はずれな服装となったが
姪と遊ぶちょこるが可愛いので、日記に載せることにした。

この日は、確か、姪の帰宅が遅く、やっと帰宅した姪に
ちょこるは大コーフン!!

「おかえり〜!待ってたわぁ〜ん!!」と顔ナメ激烈挨拶攻撃をして
「もぉ〜、ちょっちゃん。そんなに私を待ってたの?」と姪を
ビックリ、そしてホクホクさせていた。

当初は天敵だった姪は、今や小さいながら良き姉的存在で
仮ままの使う指示語やハンドシグナル擬きをよく覚えていて
「マテ」やら「OK」やらを駆使して遊んでくれる。

まぁ・・・ちょこるは遊ぶのが楽しくて、無視しがちで
「アレ〜」とか「ノー」とか姪なりの厳しさをもって注意されているが、
それさえも遊びの一種のように楽しそうにしている。

姪 「ちょっちゃん、マテ」
ちょ「わかったわん(いちおう真剣)」

姪 「ちょっちゃん、光だよ〜」
ちょ「・・・・・」

姪 「ちょっちゃん、マテ」
ちょ「またぁ〜?」

姪 「ちょっちゃん、この光がとれるかな!?」
ちょ「なんでとれないわん・・・!くっ!!」

仮ま「前足の指先に力が入ってマットにくいこんでるョ〜」
2014年07月03日(木) No.50