晴耕雨DOGな生活  [ Perro Dogs Home 預かり日記 ] 

特等席


サラの特等席は最近、ちびちび弟が独占しています。

お腹にピッタリ抱えられてグッスリのちびちび弟。


ちび兄はサラにかまってほしいようです・・・・・
2017年03月06日(月) No.73

サラの1日


サラの1日は放牧中心に過ぎていきます。

日差しがあれば午前10時頃から午後3時頃まで庭と
リビングを出たり入ったりして過ごしています。
この間に宿題トレーニングや散歩をしますが、
それ以外はほとんど庭でちびズと過ごしています。


庭に出る時間が近づくと、サラとちびズは広くもない
窓の出入り口でひしめき合って待っています。
ちびズままの「スワレ、マテ」に全員が成功するまで
出られないので、なかなか・・・ちょっと・・・
じたじた加減が可愛らしくもあります。

「OK」でとび出すと、サラは「猫の痕跡探し」です。
それはそれは入念に確認しています。
庭の隅々や隣家との間まで、何度も行ったり来たりして
3〜40分かけて毎回やっています。
終了すると、ちびズと遊んだり、わんプロの仲裁を
したりしています。

何日かに1度、サラが突然「おひとり様運動会」を
始める時があって、庭とリビングを出入りしつつ
何週も走り回ります。
そうなると・・・・・
ちびズを抱えてちびズままは庭の隅っこで応援です。
以前、一緒に走り回ろうとしたちびズが
はね飛ばされそうになったので私達は応援担当です。

サラが満足そうに走り終えるのを見計らってちびズを
下ろすと、今度はちびズが「おふたり様運動会」を
始める時がありますが、迫力のないこと(^^)

サラの「おひとり様運動会」のあった日は、リビング中が
砂と芝生カスだらけになるので、みんなを各自のハウスに
誘導後、掃除機タイムです。
原状回復には結構な時間と手間がかかって大変ですが
少々足の悪いちびズままは、現段階のサラに日常の散歩で
十分な運動量をとらせてあげられないので、
掃除機かけを頑張るくらいはしてあげたいと思っています。

充分な広さとはいえませんが、この放牧タイムがしっかり
確保できると翌朝までよく寝てくれます。
放牧後、大中小のわんこ達がくっついて眠る様子は
とても可愛らしいです。
折を見て、寝姿をまとめてご紹介したいです。


「ちび兄、その枝ちょうだい!」「だめ〜」


「ちび兄達、いつまでやってるのかなぁ・・・」


ひとしきり遊んで、まったりタイム
2017年02月13日(月) No.72

サラちゃんが再加入しました!!


ちび兄の脱臼で
「中継地点」さんが預かりママさんに
なってくださっていましたが、ちび兄も完全復帰して
年末年始を「ゆったりくらり」さんで過ごし
でか妹サラちゃんが帰ってきました!

サラちゃん不在の間にちび兄の家には「ちびちび弟」が
加入していますが、サラちゃんとも仲良しです。

復帰翌日からサラちゃんはちびズと庭へ放牧です。
この日は資源ごみ回収があって少し離れた所から
結構大きな音がするので、慣れてもらうためです。
以前はロングリードを装着していなくては心配でしたが
サラちゃんの為に今年から”サラちゃんガード”を
設置してみました。
ちびズまま組立なので完璧ではありませんが、
元来ビビリっ娘のサラちゃんなので効果はあるようです。
もちろん、掃出し窓の出入口で見張り番もしています。

缶と瓶の回収がたて続けにきました。
サラちゃんはその度に部屋に入り、掃出し窓の出入口から
音のする方を見ていました。
でも、しばらくすると再度庭に出て行きました。
立ち直りが早くなって、とても嬉しいです。

これからもサラちゃんをよろしくお願いします!!

2017年01月19日(木) No.71

サラと怖いもの


そういえば、サラの「怖いもの」ってなんだ?・・・・・ということで
仮まま主観によるTOP10を発表!?

第1位  ボード系
スケボー・エスボード・キックボード
大人用・子供用問わず全体的にほぼ駄目

第2位  踏切
遠くに音がするだけでガタピシと固まり、とにかく遠ざかることに専念。
近寄らないことが肝要(今のところ)

第3位  子供
全体的に苦手。
3人以上の集団は無言なら大丈夫だが、おしゃべり中はもっての外。
児童がボールを地面についていたら、ボールの跳ねる音に怯えかなり危険。
「怖いもの」の第1位を脅かすほどかも・・・!?
大人も集団はダメ。商店街等は近寄れず。

第4位  植木職人さん
木の上にいる職人さんは特にダメ
気のいい職人さんは、たまに声をかけてくださるが、
優しさを正しく受け取れず・・・今のところ

第5位  ベビーカー
近くを通過することはできない。乗っている幼児が「わんわんだ〜」と
声をかけてくれると、お子さんの期待を裏切るように逃走しようとする。
勢いよく後ずさることがあるので、リード等が抜けないように要注意。

第6位  自転車
静かに通り過ぎる自転車は大丈夫になったが、3台以上?がドバッと
来る場合はなるべく離れた道の端でオスワリで待たせる必要がある。
ママチャリで最近のものは後部チャイルドシートが大きく、
子供が乗っていないとガタガタと音がして特に怖いらしい。
その他自転車も何らかの音を出して走っているもの。
仮まま宅内に置いてある自転車は全く問題ない。

第7位  布団叩きの音
ご存知の通り。あまり聞かなくなったけど、お天気の日は要注意。
マンション付近では音が反響して「ビビリ度UP」まちがいなし!?

第8位  強風
何故かはよくわからないが、観察によると・・・
風が強く尻尾をあおると、びっくりして後方確認するので、誰かに触られたと
思っているのかも。「うひゃ〜」と飛び上がる感じ

第9位  突然の音
種類は問わない。音の発生源との距離が問題かな?
シャッターの開閉音等。
最近は1回なら宥めて落ち着くようになってきたが2回はハードルが高い。
自宅内で聞くシャッター音は大丈夫になった。

第10位
仮ままの雷・・・ですかね・・・
仮まま、元は「体育会系」なので。

記載していて、ちょっと悲しくなってきた仮まま・・・
ただ、仮まま宅に来た当初に比べて、怖がり方がマイルドに
なったものも多くある。
サラの怖いものが、すなわち「サラを害するもの」ではないと
いつか知ってくれるといいなぁと思う。


ご報告

チビ王子が足を痛めまして・・・
一人でピョンピョンしていたら股関節を脱臼・・・とほほ〜
ただいまデカ妹と別居中。
毎朝「サラいないなぁ」とサラ部屋の前で「クゥ・・・」
しばらく寂しい”ソロ”王子に。
「仮?(借り?)暮らしのサラッチ」の様子は「中継地点」にて!!


中継地点はこちら

2016年02月11日(木) No.70

私とやんばる、おまけのチビ兄


仮ままは私達を「ちょっぱやシスターズ」って呼ぶの。
字の通り、走ると超速い姉妹っていう意味なんだって!!
そのネーミングセンスはどうかと思うんだけど、
珍しくノリノリの私は気にならない。

走らせたら妹やんばるにだって負けない!!
やんばるはボールを咥えて逃げるのが好きで
私は追いかけるのが好きなの


今日の河川敷は最高!!
天気は良いし、偶然お友達に会えたし、
私達以外の人はまばらだし、小さな子供も自転車も少ない。
何より妹やんばると走り回れたことが楽しかったな〜
手加減無しのタックルだって大丈夫!!
やんばるが「お姉ちゃんギブギブ〜」って言ったって
「走って逃げちゃうぞ!今度は負けない!」って
考えてることわかってるんだから。


またみんなで来ようね!


チビ兄はどうしたのって?
チビ兄は「可愛い妹の邪魔をする無粋な兄ではないよ」と
仮ままと応援団長になって見守ってくれてたの。
でも、私ってばチビ兄の位置を見失って
衝突して吹っ飛ばしそうになっちゃったの・・・
ごめんね。チビ兄。
2016年01月27日(水) No.69

サラのぴったりまったり


サラの年賀状



  
2016年01月01日(金) No.67

サラのねむねむ


参考編  サラ大ジャ〜ンプ!!


少し前のことになるが・・・
リビングから庭への掃出し窓に腰掛けて、
放牧中のわんこ達をのんびり眺めていたら
庭の隅で、サラが鼻を高くしてクンクンしていた。
していた・・・と思ったら、急に腰を落としてジャンプして
塀に飛び乗った!!

仮ままはビックリして裸足のまま庭に飛び出した。

サラは飛び乗ったものの、
塀の向こうがそんなに高いと思わなかったのか
塀自体がこんなに厚みがないと思わなかったのか
とりあえずジャンプしただけだったのか
飛び乗ったまま微妙なバランスを保ちながら固まっているようだったが、
仮ままもそんなに冷静ではいられず、とにかくサラに駆け寄り抱きかかえた。

でも、サラも今や10團ーバーで仮ままはサラを抱きかかえたまま、
シリモチをついた。
下は芝と土なので痛くはないが、洗濯物が増える結果となった。
助走もなしに、あのジャンプ力・・・
サラサイズは、これ位の垂直跳びは朝飯前なのか・・・!?
「サラ」という名前に恥じない大ジャンプを披露!?

庭はサラにとって、唯一の「外」が感じられるのにリラックスできる場所
だったので普通リード位にしてあげたいが、何らかの策を講じるまでは
ロングリード装着で過ごすしかないなぁ。

こんな感じの所に

その後ここで

収穫し忘れた干からびたブルーベリーをもぐもぐ

チビ兄を湯たんぽ代わりに昼寝


2015年12月13日(日) No.65

サラの今散歩  その2


10月中旬の昼頃だったと思う。
その日はサラにとって「不運な日」だった。

滅多に開く時に遭遇しないシャッターが、通りがかった時に開き
(リモコン式だったらしく遠目からスイッチオン!だったみたい)

おまわりさん自転車3人編隊にすれ違い
(しかも後部搭載の白箱の蓋がガコガコ音をたてながら!)

通りすがりのベビーカーを押した方がサラに声をかけてくださった
(近寄りつつだったのでサラ超後ずさり!→理由を伝えて挨拶を辞退)

サラは何となく「タイミングが悪い」だけ!!
きっと!たぶん!何となく・・・
この約2か月半で3歩進んだ散歩は2.8歩程、後退した・・・

その翌日から、またしばらく1頭ずつの散歩に変更。

2頭で散歩できるようになるのは予想よりは早かった。
ただ、「横っ飛び」はしないものの、ひとたび「怖いもの」を見かけると
すごい勢いで帰宅しようとする。
「怖いもの」を見かけないようにすれば「無難」に散歩を終えられるが、
「怖いもの」の種類が多いので、「無難」に終えるのはなかなか難しい。
また、散歩に行こうとリードの用意を始めると逃げ回るようになってしまった。

そこで、散歩自体を嫌いになっても・・・と思い、なるべく早い時間から
放牧→その間に喧騒の少ない昼に散歩をして時間と手間を多くかける。
散歩を終えて家に入る前に自宅前の私道内を散歩する。
私道の出入口を人・自転車・車・バイク・ベビーカー等が通り過ぎる時に
自宅前にいるとダッシュで逃げ帰ろうとするが、宥めつつ行ったり来たりを
繰り返す。
私道内は準・安心エリアのようで、今のところ落ち着くのが早い。

夕散歩は、元よりハードルが高く、サラも私道から出たがらないことや
出られたとしても即帰宅になることが増えた為、取り止めた。
私道内を行ったり来たりしたり、2〜3日に一回は早めの夕散歩として、
車で10分位の河川敷に行き、自宅周辺に比べて「怖いもの」が少なくて
でも、全く無いわけではなく、はるか遠くに喧騒のある状態で
トレーニングすることにした。

まぁ、この車移動もすぐ車に酔ってしまうサラには辛い選択かもしれないが、
運動不足は深刻だ。

昼散歩にしても河川敷散歩にしても、ひとたび「怖いもの」を見つけると
「猛烈帰りたガ〜ル」になることは変わらないが、「今日は良かった」と
思える日も10回に1回位・・・はある(おそらく)。
しばらくは気長に地道に「良かった」と思える散歩の回数を増やしていきたい。

「サラの無難な日」






2015年11月29日(日) No.64