中継地点 ~Dogs Spot~  [ Perro Dogs Home 預かり日記 ]

2度目の夏到来


私がサラちゃんに初めて対面したのは、去年のちょうど今頃でした。
サラちゃんは当時生後8ヶ月。
去年の今頃の写真を掘り出してきました。
まだまだ、幼さが残る姉妹。↓





あれから1年。サラちゃんはそれまでもそれ以降も
いろんな人たちの協力の元で、色んな環境を経て経験を積みました。
変化はゆっくりですが、色々逞しくなりお利口にもなり、
毎日すこぶる元気に楽しく過ごしています。





家では終始ご機嫌で、明るく陽気。
そして、甘えん坊で何かと膝に登って来ようとする抱っこ好き。
何かある度に、ピーピー鳴いたり、
ぴょんぴょんしがちなハイテンションガールサラちゃん。
もう少し落ち着いた女子になって頂く為にも、
忍耐力UPのために、お勉強もたまに頑張っています。





一時期はすごかった抜け毛も、今ではすっかり夏毛に生え変わって、
すらっとカッコイイ、スレンダーボディーに変身しております。
体型はカッコイイですが、お笑い要素も姉妹揃って兼ね備えております。





サラちゃんは、小学生以下のお子さんと、
猫などの小動物のいないお家で、
悠々自適に1頭飼育してもらうのが、適しているタイプかなと
個人的には感じています。
小型犬や高齢犬を先住犬に飼育されているお宅も、
サラちゃんの元気いっぱいな遊び方を考えると、厳しいかもしれません。

サラちゃんは繊細な部分を持っていますが、
ビビリなのに、全然攻撃的にならないところが凄い!
と、かなり前ですが、ある動物病院の獣医さんに言われたことがあります。
恐怖からの威嚇や攻撃行動が、見られないところは
サラちゃんの非常に大きな魅力の一つです。

根っこは明るく陽気な懐っこい性格ですし、
新しい環境にも、多少時間はかかるかもしれませんが、
じきに馴染んで、可愛く楽しいお笑いキャラで過ごせると思います。
2016年07月15日(?) No.79

(その2)ショートステイへ


とても間が空いてしまいましたが、ショートステイ中の様子の続きです。

=====

チビ王子がお気に入りのカートの中で昼寝をしようとしていたら
サラが邪魔をして入らせないように、チョッカイをかけていました。
寝ていると下に敷いてある膝掛け等を引っ張り出そうとしたりしていました。
チビ王子は中でひっくり返されて飛び起きていました。
「またか・・・」という感じで怒ったりはしませんが。




元ママ読書中、ふたりの邪魔にもめげずに読んでいると
いつの間にか寝ていました。
寝る直前、どこからかタイルマットをはがしてきて仲良くカミカミしてました。
買ったばかりなのよ〜君達‼





あばら骨のおやつの初出しの時は、少しフードガード(※)の感がありましたが
以前、キッチンでの肉料理の時に見せたフードガードの様子はありませんでした。


散歩は早朝の時は割と落ち着いて歩けました。
尻尾を下げることなく帰宅したこともありました。
チビ王子のカートの脇を歩けていました。良い隠れ蓑だったのかも。
夕方の散歩はまだ気が抜けない状態でした。



=====


晴耕雨DOGな生活さん、ショートステイ中のレポートありがとうございました。

※フードガードとは・・・食べ物等への執着欲が強いタイプのコが見せる行動で、
物を取り上げようとしたり、取られそうだと感じた時に見せる、
防御意識からくる問題行動(威嚇・攻撃)です。
サラちゃんの場合、普段もらえない特別と感じる食べ物をもらった時に、
嬉し過ぎて、興奮気味になります。(食いしん坊なので)
与えると基本的に、落ち着ける場所に持って走って移動しますが、
逃げ場がない、狭い所に籠もった状態で特別な物を食べている時に、
取られそうな気配を感じると、鼻にシワを寄せて怖い表情で唸ることがあります。


2016年07月05日(弌 No.78

(その1)ショートステイへ


6月下旬の1週間程、サラちゃんは今年の2月頭まで滞在していた
晴耕雨DOGな生活さんの所にショートステイしてきました。
その間の様子や写真を送って頂いたので、数回に分けて紹介したいと思います。

サラちゃんは、再び元預かりさんに会うと大喜び。
知らない人には結構な人見知りっぷりなのですが、
一度心を開いた人には、全力で甘えたり喜ぶタイプで、
それはそれは懐っこいタイプなのです。

以下、頂いたショートステイ中のレポートです。
トイプードルのチビ王子君ともあいからわず仲良しそうです。




~~~~~~

勝手にはサラの部屋に入ることができないようになっているので
ひとりでゆっくりしたい時はパソコンデスクの下の大きいクッションで
寝ていました。




元パパがごろ寝マットを出すとわんずが我先にと寝場所を確保して
元パパの近くを競っていました。
サラは元パパが大好きなようで朝の挨拶やおかえりの挨拶が
相変わらず熱烈でした。元ママはお迎えが省略できて楽でした。
元の出る間を与えぬ速攻かつ熱烈ぶりです。
必ず何か咥えて「フンガ、フガ、ンガ」と言いながら
耳を後ろにペタンコにして尻尾をブンブン振って近寄って行きました。
咥えるものが見つからないとクッション等の大きな物でも咥えていきました。
たまにジャンプアタックをかまして元パパが「うわっ」とよろめいていました。




後ろに見えるところがリビング隔離中のサラのトイレです。
スーパーワイドサイズのシートの上にほぼ外さずに完璧にトイレします。
これは「トイレしました!」のお知らせ中です。
チビ王子が食糞の傾向があったので、トイレのお知らせをすると褒めたり
おやつをあげたりしていますので、サラも美味しいところはすぐに真似っ子です。




その2へ続く。
2016年07月01日(?) No.77